• ログイン
  • 無料会員登録
  • 受付時間: 10:00 - 19:00(土日を除く)
  • Oyodental.jp@gmail.com
  • カートを見る
0
歯科用品•技工材料

歯のクリーニングは必ず超音波スケーラーを使うことはしない oyodental.jp

現在、歯のクリーニングを大事にする人はより多くなりました。歯のクリーニングは、PTMCという治療法もありますが、超音波スケーラーなどで歯を掃除する方法も扱っています。現在の日常ケアときたら、歯磨きをしている人がいないと思います。毎日ハミガキをしていても、また虫歯などになる人も少なくありませんね。どれほどよく歯磨きしておいても、歯と歯の間の汚れなどを徹底的に除去することはできません。それは、虫歯になる原因といえると思います。

 歯の並びの良い人は歯がどこでも隙間が並んでいます。いうまでもなく。悪い歯ん並びにしている場合は、より多い隙間が並んでいるはずですね。

 
 現在では、歯のクリーニングに関しては必ず超音波スケーラーを使うことではありません。今歯間掃除装置という機器が研究されました。歯の間に挿入された糸歯歯石除去するために、上方への移動の根元部分から歯垢などを除去するという稼働原理です。このような製品は、歯垢を除去するには、効果的で、コストも下がります。今弊店も開発中で、できれば、仕入しようと思います。
 
 他の掃除器具は、デンタルフロスという用品も使いやすいです。デンタルフロスとは、歯間の歯垢や食べかすを除去して清掃するための細い糸のことです。糸は、ただの糸ではありません。材料は細かい繊維で作られていて、歯間や歯周ポケットに溜まった汚れやプラークも除去できます。デンタルフロスなら、歯周ポケットに直接届くため、食後に食べカスなどを取り除けば虫歯や歯周病の予防につながります。
 
 他には、歯間ブラシという器具もあります。歯間ブラシを使い時に注意すべきことですが、歯間ブラシの毛先は歯ブラシの毛先より、脆くて、曲がりやすいです。ですから、定期的に歯間ブラシを交換することは無視できません。

次の編:歯科用機器・材料、口腔ケア意識
No reviews
お客様からのレビュー ユーザー名:


E-mail:


レビュー内容:
レビュー等級: