• ログイン
  • 無料会員登録
  • 受付時間: 10:00 - 19:00(土日を除く)
  • Oyodental.jp@gmail.com
  • カートを見る
0
歯科用品•技工材料

歯科ハンドピースの使用及びメンテナンス注意事項 oyodental.jp

 
歯科ハンドピースは内部パーツが繊細な器具で、日常のメンテナンスにより、内部パーツを壊したりしてハンドピースを壊すことがよくあります。なお、歯科ハンドピースのほうは、できるだけ説明書や専門医の指導でメンテナンスを行うことがおすすめします。今日は、ハンドピースについての注意事項について少しお話します。
 
 1.適当なバーを使用する
 ハンドピースと相応できないバーを使うと、ベアリングを摩損して、ハンドピースの寿命を減らします。バーの方は、ハンドピースの回転数と相応できるバーを使用してください。長すぎるバーや短すぎるバーなどを使用せずに、注意してください。また、定期的にバーを交換しておいてください。
 
 2.正しく注油する
 注油はメンテナンスの一番重要な一環とされます。注油中には、合格なオイルが大切です。オイルが悪いと、ハンドピースを塞いたりすることがあります。
 
 3.適当な気圧
 誰でも知っていますが、ハンドピースはユニットからもらった気圧で稼働しています。でも、ハンドピースごとに、自分に適応な気圧があります。ですから、使用前には、ちゃんと説明書を読んで、ハンドピースに適当な気圧を調整してください。気圧が高すぎる
とハンドピースを壊して、低すぎると、出力が小さくなって治療には力なれません。
 
 5.コンプレッサーの選択
 コンプレッサーの方は、オイルなしのコンプレッサーがおすすめします。
 
 注意事項:
 1.酸性な液にソークすることは禁止。
 2.超音波クリーナーでハンドピースを洗浄することは禁止。
 3.滅菌後、乾燥は無視せず。
 4.衝突などを禁止。
 

次の編:虫歯の各段階の治療方法を紹介する
No reviews
お客様からのレビュー ユーザー名:


E-mail:


レビュー内容:
レビュー等級: