• ログイン
  • 無料会員登録
  • 受付時間: 10:00 - 19:00(土日を除く)
  • Oyodental.jp@gmail.com
  • カートを見る
0
歯科用品•技工材料

虫歯の各段階の治療方法を紹介する oyodental.jp

虫歯は進行状態によって五つの段階に分けられます。各段階の治療方法が違います。できるだけ早い段階で虫歯に気づけば、治療を受けます。もし、進行してしまった虫歯を放っておくと、抜歯することがなります。

初期の虫歯(C0):歯の表面のエナメル質が溶け始めます。この段階、痛みはありません。しかっりブラッシングやフッ素塗布で歯の再石灰化させます。

エナメル質の虫歯(C1):表面のエナメル質が溶かされ、小さな穴が開き始めます。痛みもありません。虫歯の部分を削り、詰め物を入れる治療が必要です。

象牙質の虫歯(C2):虫歯が象牙質まで進行します。痛みや冷たいもの・熱いものにしみることがあります。虫歯の部分を削り、詰め物を入れる必要があります。治療中に麻酔が必要です。

 神経に達した虫歯(C3):虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こします。この段階、激しい痛みが感じます。麻酔をして歯を大きく削り、神経を抜き取ります。歯の根を治療する、根管治療が必要となります。

神経が死んでしまった虫歯(C4 虫歯診断装置):神経が死んでしまいました状態になります。この段階、痛みが少なくなります。抜歯することが必要です。抜歯後の入れ歯等で歯の機能を回復させます。


前の編:FAQ歯を白くする方法
次の編:歯石の除去
No reviews
お客様からのレビュー ユーザー名:


E-mail:


レビュー内容:
レビュー等級: