0
歯科用品•技工材料

歯石の除去 oyodental.jp

歯石を除去する道具のことをスケーラーといいます。スケーラーには主に手用スケーラーと超音波スケーラーがあります。

手用スケーラーというのは、歯の一本一本の奥底にこびりついた汚れを徹底的に除去するのに優れているのに対して、超音波スケーラーは、たくさんの歯石をいっぺんにとることに優れています。

 
手用スケーラーは超音波スケーラーと比べて、手で歯石を除去するので、時間はかかりますが、歯と歯茎の間の奥底の縁下歯石と呼ばれる歯石まで除去できます。
 
そして、歯の根っこが細菌で汚染されている部分もきれいに除去し、再び細菌がつきにくいように歯の根っこの表面をツルツルにしてくれます。
 
医者さんに行って、歯科衛生士さんに、水とキーーンという音が出る機械で歯石をとってもらった経験のある方も多いのではないでしょうか。これが超音波スケーラーです。
 
前歯の歯の裏を見てみてください。白い塊がこびりついてはいませんか。これを超音波スケーラーを使うと一気に白い塊がなくなり、歯と歯茎がみえてきます。
 
超音波スケーラーの注意点はスケーリング(スケーリングとはスケーラーを使って歯石をとる治療のこと)最中に少し歯がしみることです。
 
歯石が歯にこびりついているということは、歯茎が健康な歯茎のときと比べてさがっている可能性が高いです。歯茎が下っていると、歯の根っこの部分が露出して、歯がしみやすくなります。
 
しかし、このしみるのは、すでに歯茎が下っているので、仕方がありません。しみないように処置するためにも、まずは、歯石を取らなければ染みるのを防ぐ治療はできません。
 
かなり水がしみる方は残念ながら歯周病がかなり進行している可能性があります。
 
結論から言って、自分で歯石をとることはできません。
 
なぜなら、口の中にある歯石を鏡で見ながら除去するのはとても難しいからです。歯科衛生士さんがきれいに歯石を除去できるのは歯石を直視して、スケーラーをしっかりと歯石に当てることができるからです。自分で鏡をみながら歯石にスケーラーを当てるのはとても難しいです。
 
 
 
 

前の編:虫歯の各段階の治療方法を紹介する
次の編:インプラントの材料って、どのように使われるの?
No reviews
お客様からのレビュー ユーザー名:


E-mail:


レビュー内容:
レビュー等級: