0
歯科用品•技工材料

超音波スケーラーが考慮する必要な技術特徴 oyodental.jp

超音波スケーラーが考慮する必要な技術特徴

 


A)ハンドピース
ハンドピースは超音波スケーラーの基本要素です。それが使用されるチップとコンパチブルすることが不可欠であるためです。私達は既に知っている通り、これらのコンポーネントは直接に患者の口の中で作動します。そのため、適切な消毒を可能にするためには、135℃の温度で自己洗浄することも重要です。ハンドピースに関連する他の2つの方面は周波数と振幅です。ハンドピースに関連する他の2つの方面は周波数と振幅です。良いキャビテーションのため、周波数は21-32 kHzの間でなければなりません。

 

Woodpecker DTE D7歯科用超音波スケーラー(ボルト付き)SATELEC兼用

 

B)超音波チップ
超音波チップはインサートとも呼ばれ、各超音波装置とペアになっているので、一般的に各メーカーは自分のチップを生産し、推奨します。しかし、Woodpecker DTE ブランドはいくつかの他の製造業者のチップとコンパチブルできる超音波スケーラー 歯石除去をリリースしました。例えば:Satelec, EMS, Sirona NSK.


超音波デバイスの分けについて:

1.デンタルチェアに埋め込みます。このタイプの超音波機器を購入する時、私たちはそれが永遠にデンタルチェアに埋め込むことを知るべきです。

2.独立して水タンクなし。このタイプの超音波機器は、デンタルチェアからの給水であろうと外部タンクからの給水であろうと、常に水源に接続する必要があります。

3.自主的で水タンク付き。水源に接続する必要はありません。このタイプの装置はタンクを内蔵しているので、完全に自主的に動作できます。


前の編:歯科設備の分類
No reviews
お客様からのレビュー ユーザー名:


E-mail:


レビュー内容:
レビュー等級: